世界一受けたい授業【天才3人が人生に影響を与えた本!ビルゲイツ・ジェフベゾス・イーロンマスク】

世界一受けたい授業

2023年2月25日放送の世界一受けたい授業で、天才3人が人生に影響を与えた本 について紹介されました!

世界的に有名な3人の天才(ビルゲイツ・ジェフベゾス・イーロンマスク)が人生を変えた本をまとめました。

天才たちの読んできた本をまとめた本を出版した山崎良兵先生が教えてくれました。

スポンサーリンク

天才3人が人生に影響を与えた本

ビルゲイツ・ジェフベゾス・イーロンマスクの3人は、世界的に有名な起業家ですよね。

3人に共通することは、子供のころから読書する習慣があること。

たくさんの知識を本から吸収するだけでなく、実際に人生にも影響を与えているんですね。

ビルゲイツが人生に影響を与えた本

誰もが知っていると思いますが、ビルゲイツは、マイクロソフト創業者です。

Windows 95が発売された時は衝撃でしたよね。

そんなビルゲイツさんが影響を与えた本です。

<1冊目>RANGE(レンジ) 知識の「幅」が最強の武器になる

created by Rinker
¥2,048 (2024/05/24 21:58:42時点 Amazon調べ-詳細)

内容は、世界的テニスプレイヤーのロジャーフェデラーさんが、幼少期はテニスだけでなくサッカーや水泳、卓球、バスケットボールなど幅広いスポーツを経験したことで、テニスで成功したことを紹介しています。

これをよんだビルゲイツは、超専門家が成功できることは限られており、知識や経験に幅がある人の方が成功しやすいと学びました。

ビルゲイツは、子供の頃から様々なジャンルの本を読み、知識をつなげ合わすことで、革新的な製品を生み出しています。

<2冊目>マインドセット:「やればできる!」の研究

created by Rinker
¥1,833 (2024/05/24 21:58:43時点 Amazon調べ-詳細)

人間のマインドは2パターンに分かれます。

  • こちこちマインドセット(自分の能力は変わらない)
  • しなやかマインドセット(能力は努力次第で伸ばせる)

例えば、数学のテストが低かった時。

  • こちこちマインドセット(結果を重視してダメ人間と考える)
  • しなやかマインドセット(結果よりも気づきや学びを重視して、失敗に気づけた!と努力できる)

この方に影響を受けたビルゲイツは、「成長の考え方を学べば、人々が自分自身と人生について考える方法を大きく変えられる」と考えました。

ジェフベゾスが人生に影響を与えた本

ジェフベゾスは、みんなが利用している、あのアマゾンの創業者です。

ジェフベゾスも、幼少期から図書館でたくさん本を読んでいます。

ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質

かつて西洋では、世の中には白鳥は白しかいないと思われていました。

ところが、17世紀末にオーストラリアで黒い白鳥が発見されました。

このことから、ジェフベゾスはこう考えました。

常識を覆す出来事が突如として現れることがあるが、それを予測することは不可能だ。異常なことを人間が予測するのは困難であると考えたんです。

そして、予測できないからこそ、いろんなことに挑戦しよう!と決意しました。

この決意から、映像配信事業や民間宇宙企業など、新しい事業にチャレンジし続けています。

だから、世界一失敗する企業「たくさん挑戦してたくさん失敗していい!ただ、1つでも2つでも大成功すればいい」という考え方でビジネスをしています。

成功したら、失敗は帳消しになるという考え方なんです。

ジェフベゾスは、本以外にも、スタートレックという映画からヒントを得て、しゃべるコンピューター(アマゾンエコー)を実現しています。

イーロンマスクが人生に影響を与えた本

イーロンマスクは、昨年ツイッター社を買収して話題になっていましたよね。

イーロンマスクは、「自分は本に育てられた」と語るほどの読書家です。

<1冊目>指輪物語

指輪物語は、ロードオブザリングの原作です。

created by Rinker
¥1,500 (2024/05/23 22:22:06時点 Amazon調べ-詳細)

ロードオブザリングは、魔力を秘めた指輪を巡る冒険ファンタジーです。

イーロンマスクは、子供時代は人見知りで、内向的な性格で、いじめられることもあったようです。

指輪物語では、主人公が仲間の助けを借りながら世界を救う物語です。

イーロンマスクは、世界を救いたい(救世主なりたい)と思うようになりました。

このことから、火星移住計画を思いつき、実行しようと動いています。

<2冊目>銀河ヒッチハイク・ガイド 銀河ヒッチハイクガイドシリーズ (河出文庫)

ある日地球が爆破されてしまいます。主人公アーサーは異星人フォードに助けられたことにより、唯一の地球人として生き残りました。

異星人と地球人がヒッチハイクをしながら、宇宙を旅していくという物語です。

この物語で、ネズミの姿をした生命体が、コンピューターに「生命・宇宙そして万物についての究極の疑問の答えは?」と聞きます。

その答えは、「42です。何が問いなのか、あなたがたはわかっていない。それが問題です。具体的にどういう問いなのですか?」と返されます。

このことから、正しい答えを得るには正しい質問をしないといけないと学びました。

つまり、適切な質問を考えることができれば、答えは簡単に得られると考えました。

課題を解決する力より、課題を発見する力が必要ということです。

まとめ

天才3人(ビルゲイツ・ジェフベゾス・イーロンマスク)が人生に影響を与えた本を紹介しました。

3人の天才たちは、読書から学ぶだけでなく実際に読書で得たものを、現実に活かして行動していますよね。

しかも、ビジネス書だけでなく、様々な分野に興味をもち、吸収することで新たなものがうまれているんだと思いました。

最後に、松丸亮吾が影響を与えた本は、算数好きになる本です。

数の悪魔

勉強は、楽しい!と思えるかが鍵ですよね。

コメント

↓↓こちらをポチッ↓↓応援よろしくお願いします。